So-net無料ブログ作成

2017-05-14

『 覇王別姫 』

「新潮劇院公演」 ~能楽と京劇・日中ユネスコ無形文化遺産の融合~

P5131222.JPG

張春祥老師率いる新潮劇院京劇・「覇王別姫」が 世田谷・成城ホールで上演されました。
張春祥老師は中国語教室の老師でもあります。

P5141230.JPG

内面の ≪静≫ を表現する虞姫役に、能楽の西村高雄。
伝統芸の ≪動≫ を直接表現する虞姫役に、京劇の張桂琴。

P5141231.JPG

項羽役は挑春祥老師です。

四面楚歌の中で、項羽と日中の美意識の違う「静と動の虞姫」が、
永遠の別れを演じます。

客席は、シーンと静まり返り、個性の違うそれぞれの演技に、見入っていました。

能楽とのコラボのためか、「ハオっ!、好ッ!」の掛け声は飛びませんでした。

張春祥老師、お疲れさまでした。「ハオっ!、好ッ!」です。
nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

おかん

御能と京劇のコラボで「羅王別姫」

まさに「日中友好」以外の言葉はみつかりません。


経済大国中国はマスマス意気盛ん。

その姿はかっての日本をしのぐほどです。

そんな中でのお能と京劇とのコラボとは。観たかったです。

残念ですぅうう。


「武則天」で中国の経済発展の勢いを知り、

     「羅王別姫」で文化を知る機会だったのに・・・

次回宜しく!







by おかん (2017-05-14 22:33) 

ませすみえ

このコラボは、日中文化交流にとって
とても有意義な公演ですよね。
「武則天」から「覇王別姫」・・・いいですね~!

今回は、夜の部しかなかったので、
お知らせが出遅れましたが、次回は早めにお知らせしますね。



by ませすみえ (2017-05-14 23:09) 

ミルクティ

「能」の幽玄の世界と「京劇」の高揚感の混ざり合った不思議な空間を体感しましたね。

前作以上にわかり易く、素晴らしい舞台でした。

私も夜の部だったのがちょっと残念に思いました。

后天見!!
by ミルクティ (2017-05-17 12:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。